スムージーで簡単に美味しくダイエット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スムージーで簡単に美味しくダイエットできるのは、忙しい現代自女子にはぴったりです。

普段の食事では野菜不足や、果物不足を気にする人にも、そのまま丸ごといただけて、お肌にもハッピーな痩せ方ができるおいしい方法です。

ダイエット効果だけじゃない!スムージーのすごい力

ダイエット効果だけじゃないのが、スムージーの持つすごい力です。多くの人はダイエットを第一目標としますが、実がダイエットだけのつもりが、もっとより多くの幸運を自然に手にする方法です。

ダイエットをするとよくあるのが、ニキビや肌荒れに乾燥肌に悩むことです。原因は美肌成分の栄養が足りないことであり、スムージーはダイエット期間でも、野菜も果物も惜しみなく使うので、栄養不足どころか、毎日美肌に満タンの栄養が全身に送られて、ぴかぴかなお肌になります。

野菜はビタミンにとどまらず、酵素と食物繊維のキングですから、便通は快便に切り替わります。ビタミンCが豊富なので、ストレスにも強くなりますし、心身へのリラックス作用まで受け取ります。

スムージーを正しく摂取してダイエットに成功しよう

スムージーを正しく摂取することで、ダイエットに成功することが可能です。新鮮な野菜や果物を用意して、適度な大きさにカッとしたら、ミクサーに入れてスイッチを入れて出来上がりです。

正しい方法で実践しますので、できるだけ無駄なカロリーを控えるためにも、混ぜるのは水を使います。豆乳や牛乳やジュースで割る方法もありますが、ダイエットをメインとするなら水を加えることです。

冷たいドリンクは内臓を冷やすことになるので、冷えた野菜ではなくしばらく氷温に置き、果物も野菜も常温でミキサーにかけます。

野菜や果物はカットをしますが、皮ごと使うようにします。固形で食べる際は皮はむくものの、多くの食材は皮にもたくさん栄養が含まれるためです。

スムージーは朝に摂るべきか、夜に摂るべきか

スムージーは朝に摂るべきか、夜に摂るべきか、迷いやすいですが、結論から言えば本人の飲みやすいタイミングです。どちらにもメリットがあるので、自分のライフスタイルに合わせて、夜か朝かを決めるようにします。

朝食にスムージーを飲むと、ダイエットのために食事を置き換えるにしても、かなり楽にクリアできます。朝はバタバタしていて、午前はあっという間に過ぎてランチタイムが来ます。

朝からお通じも良くなりますし、体も軽く泰樹もアップが朝スムージーです。夜飲むスムージーが良いのは、ダイエットとしての効果が抜群に良いためです。

夜をメインに食べるのが日本人の典型スタイルですが、スムージーは野菜と果物のドリンクなので、大幅にカロリーダウンできます。

多種多様なスムージーの食材、おすすめは何?

多種多様なスムージーの食材がありますので、おすすめは何かを知って加えていきます。ダイエットのためには、お腹の中に溜まっている、不要な老廃物をいかに効率的に出し切るかもかなめになります。

それはデトックスでもあり、そのためにスムージーに加えるラッキーな食材として、ほうれん草に小松菜、アボカドはデトックス作用が高めです。

若々しさを維持したいエイジングケアも兼ねてであれば、抗酸化作用のある案と人を含有する、ブルーベリーを入れたり、腸を整えるペクチン豊富ないちじく、鉄分の多いプルーン入りもナイスな選択です。

粘膜を強くして、免疫力も高めるならば、βカロテン豊富なニンジンに、葉酸にカリウムも多いマンゴーも良いです。

人気のスムージーってリバウンドはしないの?

人気のスムージーは簡単な方法であり、正しい方法ならばリバウンドはしないのもうれしいところです。

李バンドをするダイエットには特徴があり、単品食材のダイエットや、一切食べないダイエット、サプリ依存のダイエットや、ハードなスポーツダイエットなど、とにかく無理があってストレスが多い方法です。

きつくて飽きる方法であり、ストレスの高い方法が続くのはまずないことです。でもスムージーの場合は、栄養が良いことで脳と肉体が満足をしますし、スイートでおいしいので、甘いものが好きな人も無理がなくなります。

おなかに溜まりますから、空腹感も少ないですし、続けやすくて、味わいのレパートリーも変化があって、ダイエット期間でも楽しくおいしさを味わうことができます。

スムージーダイエットをより効果的にする方法

スムージーダイエットをより効果的にする方法として、合わせるドリンクはシンプルが1番ということです。スムージーのレシピにはいろいろあり、野菜と一緒に混ぜる水分は、いろいろなアイデアがあります。

豆乳や牛乳は定番ですし、ヨーグルトと混ぜてみたり、ココナッツドリンクやオレンジジュースと割ったりと、工夫ができます。味わいに変化球が付きますし、濃厚になったり甘みが増したりしますが、カロリーが増えるので水で割るのが良い方法です。

青臭さを気にするならば、果物の量を多めにしても大丈夫です。氷を入れると冷たいドリンクに拍車がかかりますが、体ごと冷やすので、脂肪燃焼をダウンさせます。できるだけ常温の野菜と水を使い、飲み物は白湯や常温の水を飲みます。

スムージーに使う果物の量に注意!

スムージーに使う果物の量に注意したいのは、いくつもの種類がある果物の中には、少し高カロリーになりやすい果物もあるためです。果物よりも野菜メインで組み合わせますが、果物が多めだとカロリーを、総合的に上げてしまうことになります。

でも青臭い野菜のにおいを消したいとなれば、野菜を6割にして、果物を4割にしてみるのもひとつです。カロリーの高い目な果物はバナナ類ですが、柑橘系は水分量が多く、カロリーも抑えやすいです。

果物はデトックス作用が高いので、お通じも良くなりますし、少しカロリー面が気になるときには、朝のスムージーに多めに使うようにするとよいです。その分夜のスムージーは、果物を控えると、カロリーを気にしなくて済みます。

冷えすぎのスムージーは体も冷やす

冷えすぎのスムージーは体も冷やすことになりますので、作るときの野菜や水分の温度には要注意です。野菜や果物をスーパーで購入をしたら、すぐに家庭の冷蔵庫へと保管をします。

でもスムージーをつくるときには、冷蔵庫から出した直後の、冷え切った食材は使わないようにします。常温になってから野菜と果物を良く洗い、皮はむかないでカットをして、ミキサーにいれます。

一緒に加える水も同様に、常温のミネラルウォーターなどを入れて、ミキサーにかけます。内臓器官が温かい状態だと、新陳代謝はそれだけよくなります。

痩せやすい人の体は紛れもなく、新陳代謝の良い体です。脂肪を燃やすにも低い体温ではなく、高い体温で基礎代謝も高くて、血流も良いほうが痩せやすいです。

食材次第で栄養が偏ってしまうことも

食材次第で栄養が偏ってしまうこともありますので、食材にはいろいろな種類を使い、野菜や果物もいろいろな種類を選んでアレンジしてレシピを楽しむようにすることです。

またスムージーダイエットは、置き換えるダイエット方法となりますので、基本は1日に1回か、もしくは2回のスムージー食への置き換えです。

1日の食事回数は3回ですので、スムージー以外の食事では、スムージーでは補えない栄養の食材を食べるようにします。たんぱく質の豊富な大豆食材、魚に海藻類にキノコ、不足をしやすい栄養は、固形物を食べる際の食事でも補う工夫をします。

スムージーは野菜がメインなので、ビタミンや酵素にミネラルは豊富です、それ以外の栄養も、スムージー以外の食事タイムに食べるようにします。

そのまま飲み込まずに噛もう

そのまま飲み込まずに噛むこと、意外かもしれないですが、スムージーでおなかを満足させるには、筋の通ったやり方です。

ドリンクの置き換えダイエットがつらいのは、のどをあっという間に通るので、食べたという満足感を得に空位ことです。人間は食事の時に、咀嚼をする回数が多くなるほど、脳への満腹だという伝達は伝わりやすくなります。

過食をしなくても本当は、少ない量でもよく噛むことで、脳とお腹は満足をします。スムージーはドリンクなので、そのまま飲み込むと空腹感を満たしにくい部分があります。

でもミキサーにかけただけなので、割と噛むこともできて、咀嚼をすることが満足感を増やすことになります。スムージーはよく噛んで、それから飲み込みます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加