ダイエット中におすすめの間食!間食と上手に付き合って無理なく痩せよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエット中は間食がダメだと考えている方は多いですが、我慢は長続きしません。

つらいと感じるとモチベーションが下がりますし、食欲の誘惑に負けてしまいます。自分に無理をしないことがダイエットを成功させるコツなのです。

ダイエット中だからこそ間食を摂った方が良い理由

間食によってはダイエットがしやすくなる

ダイエットにおいて食事制限は欠かすことができません。暴飲暴食をしながら痩せようと思っても、体重が減らないのは当然のことでしょう。

体重を減らすためにカロリーを減らすには食事コントロールが必要になってきます。太らない程度のカロリー摂取に抑える必要があり、その範囲内で必要なビタミンやミネラルなどを満たしていきます。

ダイエット中は逆に食欲が増進してしまうケースが多いですが、無理に食べるのを我慢してはいけません。少しくらいなら間食をしても問題ないのです。

無理をして挫折するよりも、気楽に続けられる方法のほうが成功しやすいです。ただし、間食をするときはなるべく太りにくいメニューを選ぶようにしてください。

間食は摂ることでダイエットは成功に近づく

ダイエットは1日で成るものではなく、長期の計画を立ててコツコツと実践していく必要があります。短期間ダイエットほど失敗しやすいので、時間をかけて行うようにしてください。

同じ10kgの減量をする場合においても、1ヶ月より3ヶ月で落としたほうが健康的ですし、時間をかけた方がリバウンドの可能性が低くなります。

ダイエット中に間食を我慢すると、やる気を継続できません。つらいことを我慢して続けるのは非常に難しいのです。無理に間食をしない生活より、適度にするほうがダイエットは成功します。

間食のカロリーコントロールをして、食べすぎないように注意してください。食事に影響するほど食べているなら、カロリーを減らす必要があるでしょう。

間食と摂る時に気を付けたいポイント

重要なのは間食をするタイミング

間食はダイエットを成功させるきっかけになりますが、食べすぎてはいけません。そして、食べる時間帯にも注意する必要があるのです。

時間を決めることなく食べていると、いつの間にかスナック菓子を1袋空けていたりするでしょう。食べるタイミングを決めないと、食生活のリズムが崩れてしまいます。

間食をするタイミングとしては、主食の3時間後くらいが好ましいでしょう。3時間経過すると胃が空っぽになりますから、このタイミングで食べるのが一番よいのです。

お菓子は別腹という人は主食のあとにすぐに食べてしまいますが、カロリーを摂りすぎる原因となります。一般的におやつの時間は10時と3時と言われており、この時間帯を見ても主食の3時間後になっているでしょう。

おやつは200キロカロリーに抑えよう

おやつを食べることが毎日の楽しみという人は多いでしょう。10時や3時頃は小腹がすいてくる時間帯であり、空腹を我慢していると集中力が低下してしまいます。

特にブドウ糖が不足すると脳がうまく働かなくなり、仕事の効率が低下してしまうのです。空腹を感じたら食べすぎない程度におやつを摂りましょう。

おやつは200キロカロリー以上食べると肥満の原因となりますし、食事にも影響してきます。おやつにスナック菓子を1袋食べたら、夕食が入らなくなったという方は多いでしょう。

食生活のリズムが崩れてしまうことも肥満の原因なので、おやつの食べすぎには注意してください。カロリーを摂りすぎた場合は、食事のカロリーを減らすなどして工夫しましょう。

間食を食べすぎないようにするには

毎日のように間食をしていると、それが習慣になってしまうでしょう。毎日おやつを食べていると、やめることができなくなります。

際限なく食べてしまえば、どんなに低カロリーのおやつでも肥満の原因となります。間食を食べすぎないようにするコツは食事をしっかりと摂ることです。無理に主食を減らすと間食をしたくなるので、主食を不足しないように摂ることが大切でしょう。

痩せるためには、体重が落ちる程度まで摂取カロリーを減らしていく必要があります。まったく体重が減らないという方はカロリーを摂りすぎています。

食事の量を減らしても、間食でたくさん食べていては意味がありません。食事よりおやつのほうが高カロリーなので、間食を減らすためには主食を多めに食べる対策が必要でしょう。

ダイエット中に食べてもいいおすすめの間食とは

どんな間食が成功につながるのか

間食をしてもダイエットをすることは十分に可能です。むしろ適度に間食をしている人のほうが健康的にダイエットしています。

間食で失敗しないためには、カロリーの摂りすぎに注意すること、低カロリーのおやつを選ぶことが大切となります。あとはお茶やコーヒーなどの飲み物も摂るようにして、お腹を満たしていきましょう。

飲み物をあまり摂らないという方は、食べすぎにつながりやすいので注意してください。例えば緑茶やブラックコーヒーはカロリーがゼロですが、満腹感を促進するために役立つでしょう。

満腹感を早く感じることができれば、それだけ食べすぎを防ぐことができます。カロリー過多にならないためには、いかに低カロリーの食品でお腹を満たすかがポイントとなります。

おやつに含まれた糖質を確認しよう

脂肪は肥満の原因となりますが、お菓子には糖質のほうが多く含まれています。脂肪は1gあたり9キロカロリーですが、糖質は4キロカロリーです。

しかし、食生活では糖質の摂取のほうが多くなるのが普通ですから、結局は糖質によるカロリー摂取のほうが増えてしまうのです。

おやつを選ぶときは糖質を確認しておき、摂りすぎないようにしてください。血糖値を上げる要因ともなるので、おやつを食べたら食事の糖質を減らすなど工夫しましょう。

ご飯、麺類、パンなどの主食は糖質からできているので、これらを減らすなどの工夫も必要です。例えば3時に菓子パンを食べたなら、夕食のご飯を減らすなどして調整しましょう。1日の必要カロリーを把握し、それを超えないように調整する必要があるのです。

寒天はお腹がふくれる万能おやつ

人間の体質は簡単には変わりませんから、短期ダイエットには無理があるのです。時間をかけてダイエットをしたほうがリバウンドもしにくくなります。

リバウンドしてしまう人ほど無理なダイエットをしている可能性が高いです。無理をしないために適度におやつを食べるほうがダイエットは成功しやすいと言えます。

ただし、高カロリーのおやつは肥満の原因となるので、寒天をうまく利用してください。プリンより寒天のほうが圧倒的に低カロリーなのです。

低カロリーのおやつで満腹感を促したほうがダイエットを阻害しません。寒天には水溶性食物繊維も含まれていますから、血糖値の急上昇を抑えるためにも役立ちます。糖尿病を防ぐためにも寒天は理想的な食材なのです。

必要な栄養素は積極的に摂ろう

おやつを食べるのは悪くはありませんが、必要な栄養素は不足しないようにしましょう。理想的なおやつはフルーツであり、これはカロリーが非常に低いからです。

またフルーツに含まれる糖質は果糖といって太りにくいのが特徴です。ケーキなどの脂肪分の多いおやつを食べるときは、野菜ジュースを飲むとよいでしょう。

野菜ジュースにはカロチノイドという色素成分が含まれており、ビタミン以上の抗酸化力を持っています。脂肪と一緒に摂ることでカロチノイドの吸収性が高まるので、コップ1杯の野菜ジュースを取り入れるとよいでしょう。

ビタミン・ミネラル不足が気になる方は、柑橘系のフルーツがおすすめです。フルーツは身体によい食材であり、たくさん食べても肥満になりにくいです。

間食と上手に付き合っていきましょう

適度に間食をするのはストレス解消になりますし、集中力を持続させるメリットもあります。おやつを摂取することにはデメリットしかないと考えている方がいますが、決してそんなことはありません。

おやつの目的は糖質というエネルギー源を摂取することにあり、特に脳を元気にするために役立ちます。

人間の脳というのは糖質を唯一の栄養源としているため、糖質が不足すると集中力が低下してしまうのです。空腹を我慢してもストレスが溜まりますから、食べたいときは食べすぎない程度に間食しても問題ありません。

なるべく低カロリーで腹持ちのよいおやつを選んで、空腹を満たしてください。フルーツを上手に取り入れることで、ビタミンとミネラルも摂ることができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加